2020年7月14日火曜日

帯広小学校124回目の誕生日

 明日7月15日で帯広小学校は開校124年を迎えます。十勝の中心,帯広の学校として開校し帯広市内では最も古い歴史を誇ります。この開校記念日を挟む今週を開校記念週間として,本校3階にある資料室を開校しました。資料室には,休み時間ごとに子どもたちが訪れて昔の教科書やタイプライター,やかん,アイロンなどに目を輝かせて観察していました。これからもよき「帯校」の伝統を引き継いでいきたいと思います。


2020年7月10日金曜日

1年生 図工「いっぱい つかって なにつくろう」

 1年生が登校してくる様子を見ていると,たくさんの空き箱を抱えて登校してきました。「図工でつかうの」と教えてくれましたので,図工の様子を見に行ってみると,空き箱をたくさん積み上げ,崩れる時にはハラハラ・ドキドキ。たくさん積み上げるためには形をそろえたり,大きい箱を下にして積んだりすると、より高く積めることを発見したようです。
 図工の学習であっても「バランス」や「重心」について学んだり,「形」について学んだりと様々な学びがありました。

2020年7月9日木曜日

のぞみ学級 七夕生け花

 7月7日は七夕。残念ながら曇り空で星空を眺めることはできませんでしたが,のぞみ学級の教室前には美しい「七夕生け花」が飾られていました。手先の微細運動を兼ねて行った生け花は,定期的に行われており子どもたちはの腕前も今や担任を上回るうまさとなっています。
 七夕にふさわしい生け花は,学校に明るい彩りをプレゼントしてくれました。


2020年7月7日火曜日

新しく採択された国語の教科書で

 今年度より帯広市内小学校は,国語の教科書を新しい教科書会社に採択をしました。その教科書を使用して国語の授業が進められているところです。授業を覗いてみるとどの学年の国語の授業も学習の「目的」がはっきりしているように思いました。1年生「大きなかぶ」では,お話の「くりかえし」という技法でその楽しさがより増します。「くりかえし」を用いたお話は,その他にも多くあるため,「大きなかぶ」以外のお話を読んでみます。これにより読書生活が豊かになるきっかけにもなります。教科書にはその他の関連図書も紹介されています。
 このように今年度からの国語の教科書にはいろいろな仕掛けがあります。おうちでもぜひ,お子さんと目を通していただき,様々な発見をしていただければと思います。


2020年7月6日月曜日

2回目の子ども花だんボランティア 

 朝からとても気持ちのよい青空が広がりました。1週間のスタートから青空が見えるのはいつ以来でしょうか。そんな中,2回目の子ども花だんボランティアを募って,花壇の草取りを行いました。
 約20名ほどがお手伝いに来てくれました。気温が上がり,雨のあとでしたので草がぐんぐんと伸びていました。子どもたちは,楽しみながら花だん整備に汗を流していました。

2020年7月3日金曜日

もしもに備えて ショート避難訓練

 9:20非常放送が流れました。設定は震度7の地震です。本日はショート避難訓練を行いました。地震の多い十勝地方ですので,いつ大きな地震が起きてもおかしくはありません。そんな非常時に備え,年に数回の避難訓練を行います。
 放送の内容を聞いた後に子どもたちは無言で数秒のうちに机の下に体を入れました。これは驚くほど早く,そしてとてもスムーズでした。このすばらしい避難態度は,帯小の伝統であり,自慢のひとつと言えます。非常時に大切なのは冷静な態度と対応です。今後も様々な状況を設定して避難訓練を通して非常時に冷静に考え,行動できる子どもたちを育てていきたいと思います。

2020年7月2日木曜日

6年生 帯tubeで発信しよう

 6年生は本来ならば,1年生のお手伝いをしたり,校内を案内してあげたり,一緒に遊んであげたりしながら共に成長をしていく1学期となるはずでした。しかし,今年度は何もできずにいましたが,それでも何か1年生にしてあげたいという強い思いがあったようです。
 そこで考えたのが「帯tubeで1年生に伝えよう!」 1年生へ学校の様々なきまりについて動画で伝え,楽しい学校生活をおくってもらいたいということでプロジェクトがスタートしました。本日はその撮影をしているところでした。順調に仕上がり,1年生が喜んでくれると良いですね。